生徒さんの作品のご紹介「しずく型シトリンのシルバーネックレス」田園都市線、小田急線のジュエリー教室

  • 2016.10.05 Wednesday
  • 04:49

JUGEMテーマ:彫金

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

JUGEMテーマ:ジュエリー

 

 

ジュエリーに石を留めようとした場合、基本的技術に「覆輪:フクリン」というものがあります。
 

石の形に合わせて、板で枠を作り、その周りの板を外側から倒して留める方法で、一見簡単そうですが、石にも色々な形があるので、それに合わせて覆輪を作る必要があります。
 

通常は普通の「円(丸)」が一番簡単ですが、教室では「楕円」や「四角」という流れで徐々にレベルアップして学んでいきます。
 

今回ご紹介するのは、その「覆輪」を使った生徒さんの作品になります。

 

 

こちらの作品は、シトリンのペアシェイプ(しずく型の石)を覆輪で留めたネックレスになります。
 

中の石枠と、外側にあるUの字のパーツが別々なので、ボリュームの割に適度な透かし感が華奢な雰囲気を出しています。
 

シトリンの枠が、自然に揺れる様に外側のパーツも気をつけて制作されました。
 

程良く個性を出した、技ありのネックレスで素敵です。
 

この度はお疲れ様でした☆


次の作品も楽しみにしております。

 

 

彫金・ジュエリー教室もご好評をいただいている
東急田園都市線三軒茶屋、小田急線相武台前、座間駅から徒歩圏内に工房を構える、
ジュエリー工房ケンズセッション
ジュエリー制作はもちろん、手作り作品に興味がある方は是非、
当教室へ。体験教室も随時行っております。
http://kens-session.sub.jp/lesson.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM